読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善玉菌を増やす主婦のチカラ

善玉菌を増やして健康家族にする為に主婦のチカラを発揮します。善玉菌レシピや悪玉菌を増やす食べ物などの紹介をしていきます。

悪玉菌の働き

放っておくと怖い悪玉菌の働きを説明します。

 

免疫システムの低下

腸内に住み付いている悪玉菌が増えてしまうと、

免疫システムの低下にも繋がります。

 

人の免疫システムというのは腸内にあり、

この免疫細胞の数は全体の7割とも言われています。

この免疫システムをアップしてくれるのが善玉菌なのですが、

この善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまうと

免疫システムの低下に繋がってしまうのです。

 

悪玉菌は発がん性物質や有害な物質を作り出し、

結果として病気になってしまいます。

 

そしてこの免疫システムを低下させる悪玉菌は

生活習慣や自律神経の乱れ、加齢によって増えます。

年を取ると自然と善玉菌が減り悪玉菌が増えていくので、

継続的に善玉菌を摂取して悪玉菌を増やさないような

腸内環境を作り上げていくことが大切です。

 

便秘になる

悪玉菌が増えると便秘にも繋がります。

悪玉菌は腸内環境を乱す効果も持っているのですが、

この悪玉菌が増えてしまうと腸内の動きが鈍くなり

便を外に排出する力も弱まって

結果として便秘を引き起こしてしまいます。

 

悪玉菌が増えてしまうと、

免疫力が低下して病気になりやすくなるだけではなく、

便秘にもなるのでできるだけ増やさないようにすることが大切です。

 

ヨーグルトが便秘に良いと言われているのは、

ヨーグルトの中に含まれている善玉菌が悪玉菌を抑えてくれるため、

ヨーグルトが便秘に良いと言われている理由の1つになります。

 

便秘にならないように、できるだけ毎日ヨーグルトなど

善玉菌が多く含まれている食品を食べるようにしましょう。

便秘解消に良い食べ物

 

口臭、体臭が臭くなる

関係ないようで、意外と関係がある悪玉菌と臭いの関係。

悪玉菌の中のウェルシュ菌などが増えてしまうと、

消化していないたんぱく質を分解して有害物質を作り出します。

 

ここで発生したインドールアンモニア

硫化水素などによって口臭や体臭をきつくさせてしまいます。

発生したニオイ物質が血液を通して皮膚までいくとそれは体臭になり、

肺まで行けば口臭になります。

 

おならや便が臭いのも悪玉菌が増えている可能性が高いので、

こういった場合も善玉菌を摂るようにしてみましょう。

善玉菌は、口臭や体臭対策にも繋がる菌なのです。

 

太りやすくなる

悪玉菌が増えると太りやすくなる原因にもなります。

悪玉菌は、新陳代謝や基礎代謝にまで悪影響を及ぼします。

 

悪玉菌が増えてしまうと体調も崩しやすく、

ネガティブになりやすく、自律神経も乱れてしまいます。

 

体に必要なエネルギーを上手く発散できずに、

結果として脂肪が蓄積されやすい状態になってしまうのです。

 

悪玉菌は通称”デブ菌”とも呼ばれていて、

人工甘味料(カロリーゼロの商品に多く配合されています)などを

多く摂取すると腸内に悪玉菌が増えやすくなります。

これは人工甘味料の中のスクラロースが原因で

これが腸内細菌に悪影響を及ぼすと言われています。

 

このほかにも、ジャンクフードや偏食、ストレス、

運動不足なども悪玉菌を増やしてしまいます。