善玉菌を増やす主婦のチカラ

善玉菌を増やして健康家族にする為に主婦のチカラを発揮します。善玉菌レシピや悪玉菌を増やす食べ物などの紹介をしていきます。

善玉菌の働き

善玉菌とは

 

善玉菌は、ヒトの腸内にある細菌の中の1つで、

腸内の中にはおよそ100~120種類、約100兆個もの細菌がいます。

この細菌は大きく分けて”善玉菌”と”悪玉菌”に分けることができ、

善玉菌は腸内を酸性にして外部から襲ってくる

有害な菌をやっつけてくれるだけではなく、

免疫力もアップしてくれる効果を持っている細菌です。

 

普段、善玉菌は悪玉菌が悪さするのを抑えてくれている役割を果たし、

腸内環境を整えてくれています。

 

有名な善玉菌は、腸内ビフィズス菌やユウバクテリウム、腸球菌などがあります。

 

一方悪玉菌は発がん性物質や腸内を腐敗させる効果を持っていて、

抵抗力を弱めて便秘や下痢を引き起こしてしまいます。

有名な菌は大腸菌ブドウ球菌など。悪玉菌が増えてしまうと、

腸内環境悪化だけではなくさまざまな病気になってしまいます。

 

善玉菌の働き

腸内に住み付いている”善玉菌”。

この善玉菌の個数は人によって違いがあり、

住み付いている種類のバランスも人それぞれ違います。

 

普段、私たちの腸内では、

 

善玉菌VS悪玉菌VS日和見菌(善玉菌でも悪玉菌でもない菌)

 

の大きくわけて3種類の菌が戦い合って、

健康や腸内環境を整えてくれています。

普段の健康を維持するためには、この菌のバランスがとても大切なのです。

 

善玉菌の種類

善玉菌という菌は一体どんな働きをしている菌なのでしょうか。

善玉菌の中でも有名な菌には、

などがあり、ブルガリア菌や乳酸菌、クルト菌、

ビフィズス菌は普段の生活の中でもよく耳にする菌です。

ヤクルトや、ヨーグルトなどの名前にも使われていますね。

 

反対に、アシドフィルス菌という善玉菌はあまり耳にすることがありません。

このアシドフィルス菌はできるだけ積極的に摂取しておくと良いといわれている

善玉菌の1つで、摂取すると腸内の有益菌を増やしてくれるため

腸内環境が良くなり腸内が綺麗な状態になります。

 

この有益菌は、食物繊維や乳糖、ビタミンCなどが

一緒になると更に増えてくれるので、

単品で摂るよりはこういった栄養のあるものと

一緒に摂取すると効率が良くなります。

 

アシドフィルス菌はチーズや牛乳などの乳製品に

含まれていることが多いのでチェックしてみましょう。

 

アシドフィルス菌も含めて、善玉菌はさまざまな働きをしてくれるため

健康維持に欠かすことができません。

 

善玉菌の効能

下記に善玉菌の主な効能を記載します。

  • コレステロール値を下げる
  • 口臭を防いでくれる
  • 健康を阻害する悪玉菌の働きを抑えてくれる
  • 食べた物の消化や吸収を助けてくれる
  • 病気に対する抵抗力や免疫力をアップしてくれる
  • お肌のトラブルを解消してくれる
  • 老化防止

などなど。

 

善玉菌のまとめ

善玉菌が減り、悪玉菌が増えてくると

体の調子も悪くなってくるので善玉菌は意識して毎日摂るようにしましょう。


そして、善玉菌は一度にたくさん摂取するよりも、

毎日少しずつ摂取するほうが大事なので

忙しくても毎日ヨーグルトや納豆などの発酵食品を

できるだけ食べるようにすることが大切です。

 

とくにヨーグルトは手軽に摂取できる善玉菌の代表格で、

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌は

確実に腸内ビフィズス菌を増やしてくれるのでかなりお勧めです。

 

実は、殆どの菌は胃の中で死滅してしまうため、

腸内に届かないことが多い中、

ヨーグルトのビフィズス菌

生きたまましっかりと腸内に届くので健康効果が高いのです。